14.1002.htm

DIARY

2014/10/02   木  藤さんとのお別れ 冥福を祈る

      近藤の気まぐれ測候所 6時26℃ 53%  14時29℃ 40%  21時29℃ 44%        

        雲は少し良い天気で風も少し、日差しが強く日中暑かった

 

  今日もルンは5時起き この調子で進んで欲しいなー!

  朝食後、ルンの散歩とゴルフ練習で庭に出る、やはり練習場が近くでもなかなか行こうとしない自 

 分なので、せめて家でのアプローチと素振りは欠かせないかな!

 

 9時前には、ルンは留守番にして、2人でS藤さんの(告別式)に、途中花束を買い、ゴルフ保険金

 を支払いながら向かう。

 

   
 ワット・サンティタム        
   
 参列者        お経が始まる
   
     S子さん挨拶 英語でも・・    
   
     左下一番小さい花    
   
         部屋の中の参列者
   
 最後のお別れ        
   
     遺影を先頭に    着飾ったトラック
   
         
   タイ式のお葬式ではあるが

 印象的であった

   チェンマイが好きで集まり

 そして散っていく

 これは自然なのでは・・・

 

 前回のK藤さん同様消防署のところの火葬場に車を置いて、歩いてワット・パンチタムへ9時15分

 S子さんに挨拶するが、思った以上気丈で少し安心する。

 9時半から告別式と会ったが、やはりタイランドなのだろうか、10時過ぎてお坊さんが入場し、お経

 が始まり、お坊さんへの袈裟と花のタンブン後、お坊さんの食事 それが終る頃近くに設けられたテ

 ントで、ビュフェ形式で日本料理が振舞われた。

 寿司や天婦羅やとんかつ そして蕎麦とか果物 味噌汁もあった。

 しばらく休憩後、お坊さんへのタンブンと花を故人の棺にいれながらお別れ、そして棺を車に乗せ、

 ロープで参加者が引っ張る格好で、火葬場までの道のりを、タイ語でスピカーで流しながら・・・

 再び車から降ろす作業に加わる(何しろ自分は65歳だがチェンマイでは若造に入ってしまう)

 最後のお別れをして、告別式が終った。

 故人の人格だろうけれど、多くの参列者で、チェンマイ生活での友人達で用意されていたテントがい

 っぱいになっていたし、ファラン(白人)の友人の姿もあった。

 CLLでお世話になったり、ゴルフでも付き合いがあったが、ブログには感銘を受けるところが多く、

 私の誤字・脱字とは違って多いに勉強になった。

 ありがとうございました 安らかにお眠りください! 合掌

 

 そのまま帰宅すると13時半を過ぎていて、ルンもいつも以上にはしゃぎまわって、元気だ。

 14時にルンの昼食、そしてゴルフチャンネルで、女子ゴルフを漠然と見る。・・・

 そしてこの日記書くだけは書くが、アップできていない状態なので、この先いったいどうなってしまう

 のか、昨日も書いたかもしれないが、ヤフーメールが接続できない事と関連性があるのか?

 ヤフーメール 今日もだめで、明日3日中の復旧とあるが・・・

 

 夕食前にテレビをつけると、アジア大会サッカー 韓国ー北朝鮮の試合だ、今まで知る限りタイの放

 送では、タイの選手がからんでいる試合しか放送していなかったように思うが、関心の高さか、サッ

 カーだからか香は不明だったが、面白い試合だった。

 前後半0−0で延長戦 それも延長戦時間ぎりぎりに韓国が得点し、金メダル獲得。

 試合を見ながら、選手初めどのように思っての対決なのだろうか?

 同胞としてか、隣国としてか、その心は定かではないが、北朝鮮の国情は広く知れ渡るものがある

 と思うのだけれど、スポーツに政治は不介入の精神で対決できた事は本当に良かった!

 少し、香港の事がダブって考えさせられた試合だった。

 

 21時にはいつもの通り、ルンの夕食後、22時前には明日のためにも消灯しよう!

Last updated: 2014/10/02