14.0116.htm

DIARY

2014/01/16    木  ブーゲンビリア伐採3本目

      近藤の気まぐれ測候所 7時18℃ 50%  12時21℃ 41%  17時26℃ 30%  21時24℃ 42%   

        今日は晴れ、雲は少ないのだが夕方になると寒く感じる

 

 76時に目が覚めて、昨日のHP酔って書いたのでまるで読めない・・・修正しながら写真のアップをしてから、コーヒーと 焼き餅での朝食。

 パソコンでの調べ物をしてから、庭での64度ウエッジでいつもの{腰から腰のスイング}れんしゅうをして、落とした枝を燃やしながら、ブーゲンビリアの根っこ掘り出し。

 

 
 バケツいっぱいを燃やす    意外と簡単に根っこが取れた!
 
 3本目のブーゲンビリア    まだこんなにあるなー・・・
   せっかく燃やしたので昼食は、煮込みうどんと

 シシャモを焼く

 大根おろしで美味しかった!

 

 ちょっと休憩してから、3本目のブーゲンビリア伐採に取り掛かり、そしてゴミ袋に詰めて、残りの木はバーベキュウ用に仕分けして作業を終えると16時になってしまった。

 あと残り2本あるが、それは業者に頼もうかなーと若干弱気になっている。

 

 葉っぱ類は白い袋2つ

 バケツ2つと右手前は

 バーベキュー用に取っておく

 まだ根っこは残っているが、いつ

 作業再開するか?

 

河北・北京などで深刻な大気汚染、3都市で「測定不能」に

 

中国政府・環境保護部によると16日朝、河北省や北京市で深刻な大気汚染が発生した。同部が発表する全国161都市の空気質量指数(大気の質指数、AQI)は午前7時段階で、約1割の16都市が「特殊な必要がある人以外は、できるだけ室外にいないこと」とされる「6級:厳重汚染」となった。うち3都市は汚染が測定の限界を超える「爆表」状態となった。(サーチナ)
 

 これは自然災害ではなく、開発のしすぎか人間のなせる行為で起きたものだろうなー!

「バンコク封鎖」、皮肉にも大気汚染が改善

16/01/2014  バンコク週報から

 

公害対策局によれば、反政府派による「バンコク封鎖」で主要交差点がデモ隊に占拠されたことで、通行車両が大幅に減少。

大気中の微小粒子状物質も大きく減少し、汚染が皮肉にも改善されている。

ラトプラオとチャトゥチャク、パトゥムワン、ヤナワ地区では、大気中に含まれるPM10(10マイクロメーター以下の粒子状物質)のレベルが、通常の半分程度に改善しているとのことだ。

 

 夕食後テレビを見ながらゆったりと過ごして、22時には消灯。 明日は金曜会ゴルフ

Last updated: 2014/01/16