12.1022.htm

DIARY

02012/10/22   月   月曜ゴルフとサッカー観戦

      近藤の気まぐれ測候所 5時45分25℃ 52%  14時30℃ 32%

     6時前暗い中でも山は見える、風もあって天気は良くスコアーも良い、

 

 昨日夕方から調子が悪いと言っていたが、今朝も余り良くないので理恵さんはゴルフ中止し、朝食後一人ランナーへ6時半到着、女性3人、男性11人 4名は別に回ることになり7人で順番を決め、12組目A野さん・I上さん・H部さんの4人 前の組みは3人(H野さん・F本さん・A川さん)

 

 ボギー・ボギーと進んで今日も行けるかと思ったのだが、肝心のロングホール2つダボを叩く。

 そして6番ミドル、目の前の池に入れて6オンの2パットで8になったのは残念。

 後半パーで出足好調、11番ではHC4を2オンしてワンパットのバーディー!!!

 その後16番でのショート 左バンカーで3打目で脱出して4オン 2パットのダブルパー6・・・

 それでも後半、1バーディー 4パー 2ボギー 1ダブルパー 1トリプルでさいきんにない良いスコアーをマーク出来たのは嬉しい、欲言えば前半50切れればなおさらだ。

 

結果は51・42の93 パター16・13の29 {Pオン3 Ba1 P5 B5 D5 T1 Q1}

 前半のスコアーもう少し縮めて、後半このようなゴルフができれば最高なのだが・・・

 ラウンド終えて戻ってくるとなんと11時少し前、それでも4時間を少し切っただけか!

 シャワー後ラウンドしたみんなで昼食しながら、雑談して12時半には解散。

 

  つい先日から水撒きが始まる

 雨期を終えて乾燥して水なしでは

 土が硬くなってしまうためだろう

 これが3月まで続く・・・

   
 12番ティーから17番グリーンを

 嬉しい半面ボールが止まってしまう

 

 これが始まると季節は変わったと

 イメージするけれど・・

 

 先日M井さんからお借りしたDVDを返しながら訪問して、帰り道にミーチョークで土5袋、芝促進剤4袋購入して、ガソリンを入れ13時には帰宅する。

 理恵さんは、まーまーの調子だそうだが、健康あってのチェンマイ生活ができると思うので、何かあれば無理しないで休養こそが大事だと思う。

 

 洗濯しながら、これを書きながら15時にはひとやすみ・・・

 

 ミーチョークで買ってきた土と

 手前の芝育成剤

 明日作業しなければ・・・

   
 すっかりり晴れ渡った空

 ドイ・ステーブが綺麗に見える

 日本の4月か10月か???

 空気も澄んで爽やか!

 

 ニュースを見ているとこんな話題が・・・ あったほうが良いと思うのだが・・・

 

姿消すナース帽…現場「邪魔」、男性看護師増加 読売新聞 10月22日(月)11時38分配信

 「白衣の天使」のシンボルとして親しまれてきた看護師のナースキャップが全国の病院から姿を消しつつある。
 「邪魔」「頻繁に洗濯できず衛生的に問題」といった不要論が現場から出ているためだ。男性看護師が増えてきたことも背景にあるようだ。
 東京都新宿区の聖母病院は創立以来、約80年間着用してきたナースキャップを昨年7月に廃止した。ナースキャップを着けて働くのが憧れだったという新人看護師の竹内晶子さん(32)は「残念」と肩を落とす。
 キャップの先端が点滴器具などの医療機器に接触し、「狭い病室で作業しにくい」といった声が相次いだためで、ベテランの荒木佳子さん(50)も「身軽になって働きやすくなった」と肯定的だ。現場では9割が廃止に賛成。「あった方が気が引き締まる」「清潔感がある」という意見は少数だった。
 日本看護協会は「統計はないが、最近10年でほとんどの病院から姿を消した」と話す。実際、大手白衣メーカーの「ナガイレーベン」(東京)のナースキャップ売上枚数は今年1万4000枚と、10年前の7分の1以下に減っている。

 

 時代の流れだろうか、???

 

  1時間半以上お昼寝タイム後、理恵さんはまだ回復しないとのことで一人700年記念競技場へ17時半前に出かける。 相手はトランFC 深南部のチーム。

  約束の18時過ぎてもA武夫妻が見えないので、電話すると自分の車で駐車場へ到着したと、18時半試合 開始時間を少し過ぎての登場。

 

 
 競技場途中の看板 クンユアム    待ちに待った試合 勝てば望みが残る
 
 最近隣同士になるタイ人グループ    左のタイ人が撮ってくれた
 
 しかし、2−2のドロー・・・    崩れ落ちるチェンマイFCの選手

 

 今日はどうして勝たなければいけない一戦と気合は競技場参加者はみんな同じだろう。

 ところが、2−0で今日の勝利は間違いないと帰る人もいたが、そこからなんとロスタイム3分のなかで2点入れられて2−2のドローで試合終了。

 なんともやるせない気分で、リーグ戦1分け2敗 これではデビジョン1への昇格は難しいのではなかろうか・・・ 先週の試合もPKが決められなくて0−1で負けて今日は引き分け。

 北タイのトップでデビジョン1を終了したのに、ここに来てまさかの1分け2敗 

 一緒に観戦していたタイ人同様、割り切れない気分でスタジアムをあとにするだけだった。

 勝負の世界だから勝ち負けは当然あるのだが、なんとしてもロスタイム{残り3分}に2点入れられるのは情けないと・・・・

 

 22時前に帰宅しても、このモヤモヤは解消しなっけれど、試合と割り切るしかないのか・・・

 下部チームから上位チームへ願うのは誰も同じだろうが、リーグ下位同士での戦いに負けた悔しさはなんと表現すればよいのか・・・

 6チームがリーグ戦で2試合ずつホーム&アウエーでこなすので、残り7試合 まだ望みはあるので応援しにまた行くとするか! 

 22時前に帰宅すると、まだ調子は良くないと多いに心配になるけれど、・・・

 ニュースを見てから22時半過ぎに消灯。 

Last updated: 2012/10/22