12.0821.htm

DIARY

2012/08/20   月   イミグレーションビザ更新とDVD整理

      近藤の気まぐれ測候所 7時30分25℃ 56%  21時28℃ 46% 

      淡い青空が見るも、雨はしとしと、午後になっても、そして一転夕方晴

 

 7時半前に起きるが、案の定頭が重い、ゴルフコンペも有り納涼会もありでは少々バテ気味。

 そうも言っていられないので、朝食後昨日の報告のメールを作ったり、日記のアップをしたり、会計の収支を計算したりで、11時近くになってしまった。

 

  そしてタバコが切れてしまったので、車でムバーン迎に買いに行くとお店のおばさんが、{これ美味しいよ} ともらってくる、物欲しそうな顔をしていたからかな・・・(´ω`*)なー!!!

 

 ถั่ว
 

 【食】豆/ thua [bean]

 やさしいおばさん ありがとう!
 

 

 昼食をベランダで食べてから、昨日T屋さんから預かったDVDを整理しながら、{THE有頂天ホテル}を見ながら、 13時頃に急に山が見えなくなってからすぐに雨が降り始め50分ほどほどほどの雨が降った。

 そして14時には雨は止んで、山もまた見えるようになる。

 

 14時半過ぎに{1年ビザ}取得にイミグレーションへ小雨降るなか向かう。

 9月22日の日付だが、1ヶ月前から手続きができるとあって、インターネットで空いている日にちを探したら今日の15時半からが空いていた。

 ダメもとと思いながらもイミグレに15時10分頃と着すると、15分待てと・・・15時半前に名前を呼ばれ事務所内で書類のチェックを10分もかからないで終了 そして待つこと20分程 16時前には修了して下記の写真 日付を確認して16時半過ぎに帰宅する。

 今までの最高 最短時間の30分で終わってほっとする。

 

 これで2人とも2013年9月22日までOK

 左は3月にアンコールワットへ行った時の

 カンボジアのビザ

 

 再びDVDの整理をしながら、日本版 {THE ボディーガード} どうしてもアメリカの映画と比較してしまうのか、内容がちょっと残念。

 夕食後も見ながら、DVD明細へ追加作業して 全部で50枚全て終えると22時近くになった。

 夕方晴れ間も広がったので明日のゴルフはOKだろうから、22時半に消灯。

 

オーガスタに初の女性会員 ライス元米国務長官ら2人 (ゴルフダイジェストより)

米国男子メジャー「マスターズ」の開催コースであるジョージア州のオーガスタナショナルGCは、過去初めてとなる女性会員の入会を認めたことを明らかにした。最初の会員となるのは、コンドリーザ・ライス元米国務長官(57)と、サウスカロライナ州の財政家であるダーラ・ムーア(58)氏の2人。

1936年の開場以来、会員は男性のみで、これに抗議する声や批判が続いていた。2002年には女性団体協議会のマーサ・バーク氏がクラブに女性会員を加えるべきと主張したが、当時のチェアマンであるフーティ・ジョンソン氏はオーガスタナショナルにいつか女性メンバーが加わるだろうと示唆しながらも「それは、銃剣を突きつけられてのものではない」とコメントし、それはクラブが大衆のプレッシャーに屈しないという意思表示にも、性差別主義の象徴ともとられ、一人歩きをしていた。

06年にジョンソンのあとを継いだビリー・ペイン氏は、新メンバーの選考について慎重でプライベートなこととし、ライス氏とムーア氏を他のメンバーと区別して扱うことはないとしながらも、歴史的意義を考慮して2人の新メンバーの加入をアナウンスした。

ペイン氏は「これらの成功した女性たちは、われわれのゴルフに対する情熱を共有し、2人ともメンバーにもよく知られ、尊敬されている。これはクラブの歴史において、意義深く、前向きな瞬間で、メンバーを代表して新メンバーをオーガスタナショナルファミリーに迎えることを歓迎したい」と声明を発表している。

 

Last updated: 2012/08/21