12.0131.htm

DIARY

2012/01/31    火  何年ぶりかの再会!         ☁ 曇り

 

 

 7時過ぎに起きると今日は、珍しく曇っていて温度も23度 湿度50%。

 朝食後昨日の写真を整理しながらメールで2人に送ってから、2012年1月の反省をしながらデータを調べる。

 

 ゴルフ回数 13回 {週3回をコンスタントにこなしている} アベレージ 100.4

 前半(51.6) 後半(48.8) このアンバランスはなんなのだろう!

 庭の手入れも順調と言えるかもしれないが、まだ自分のすることが他にもあるだろうと思うし、やれることやらなければいけないことまだ不十分だ!

 理恵さんが帰国して何年かぶりにひとり生活するが、どうしても不規則になってしまうけれど、禁酒日しっかり確保していかなければと思う。

 もっとイベント情報を収集して、チェンマイ生活を豊かなものにしたいのだが・・・

 

 ニュースを見ているとこんな不気味な・・・ あちこちからいろんな情報があるが大いに不安になる。

太平洋沖、M8級余震も 海洋機構、プレート内の力変化

東日本大震災の地震により、東北地方に沈み込んでいる太平洋プレート(岩板)の内部で力のかかり方が変化したことを、海洋研究開発機構などのチームが観測で発見し31日、米科学誌に発表した。東北沖の太平洋遠方で起きる地震は、震災前にはマグニチュード(M)7級と考えられていたが、余震として起きる地震がM8級になる可能性も出てきたという。 遠方の地震が実際に起こる確率は不明だが、チームの尾鼻浩一郎主任研究員は「1933年の昭和三陸地震(M8.1)と似たタイプ。断言はできないが、発生しやすくなっているとも考えられる」としている(河北新報1月31日6時10分配信)

 

 10時半過ぎに家を出て、リンピンのバンコク銀行で家賃の振込し、裏手でビールとタバコを購入してから、ランナーゴルフ場近くのトヨタへ 車の鍵の電池がなくなったようで前から探しているのに、ここにもないと・・そしてロータスカムテアンにあると言われ行ってみるがここでも見つからない!!!

 まー、とりあえず理恵さんの鍵があるのでそれを使っているので急には必要ないが・・

 

 12時にはイタリアレストラン (アルコバレーノ)へ到着して、4人を待って一息。

 7年ぶりになるのだろうか、K良さん夫妻 チェンマイから2組の夫妻とK村さんと自分とガイドのS竹さんでクンミン観光からジェンホンからの船旅 チェンライで休んでから再びチェンコンからのスローボートで2日掛け、ラオスのルアンパバーンへ、そこから最後は飛行機でチェンマイへ戻る10日間の旅を共にした人だ。

 少しヒゲを伸ばしていることで最初は違ったイメージだったが、話をしていると当時のことがぼんやりと思い出して懐かしくなる。

 

 食事して14時 H部さんの車で送られて宿泊のチェンマイプラザホテルへ、見送ってから帰宅してぼんやりと休憩。

 時間の経過はあっても思い出すことができて、自分のボケはまだ大丈夫なんだと勝手に判断しながら一休み。

 

 夕食の準備を18時から初めて、19時に食べ、テレビをなんとなく見て明日のゴルフへ向けて23時過ぎに消灯。

 

 
 ヘルメット着用率 35%か?    
 

 入ると広大な駐車場 白いのが店    右K良夫妻 左H部夫妻
 

 庭に咲いてたリーラワリー    次回チェンマイで会えることを!!

 

Last updated: 2012/01/31