DIARY

2007/07/31      雨の中コーヒーを探して
7時過ぎ起きるのはやはり気持が良い!
太陽の明かりで目が覚めるのは本当に心地良い。
朝食後事務処理して、さてどうするかを相談する。
メーリムの奥に素敵なレストランがあるのを見つけて(ポンヤンガーデン)、そのついでにコーヒーをOTOP(一品一村運動)にて生産・販売しているところを経由して行こうと11時前に出発。
メーリムを越えてメーテイン手前メーマライを左折しパイ方向へ20Kmほど進む。
チャオNo42を参考に県道1095号から左折して(モークファー滝)を越して進むと道路は舗装されて無いばかりか上り下りが激しく、それの追い討ちをかけるように雨が強く降って来た。
すれ違いも出来ない道を進んだがどうも違うと村人に聞くがどうも私のタイ語がわかってもらえない。
近くの管理事務所風な建物で尋ねると日本語が返って来る。
びっくりしてしまうがOTOPのコーヒー生産・販売を尋ねるとどうも違うらしい。
元の道に戻った方が良いのではと再び1095号まで・・・
名前は忘れたが(コーヒーフードレストラン)で休憩して冷静に考える。
面白い飾りも購入してコーヒーを味わい、来た道を戻る。
ガード・ヒムターンで13時近くになっていたので昼食を食べながらコーヒーについて尋ねる。
そこに売っているとゆうので500グラムを買ってそのまま帰宅したのは15時ごろになってしまった。
初めの計画のメーリムレストランは次回に持ち越しになってしまった。
雨さえ降らなければ悪路でも進めたのだが、スリップしてしまうのがやはり怖い。
今日の反省をするが、もう少し事前に調査しなければいけないと思う。
これもチェンマイでは当たり前で計画通りに進むなんてやはりありえないのではなかろうか?
(見苦しい言い訳になったかな・・・?)
悪路で疲れたためか1時間半ほど熟睡して、広報9月号の一部(寄稿文書)をたたき台として作成する。
文書能力に欠ける自分がと疑問に感じながら・・・
21時半過ぎ家で夕食。
つい食べすぎ、飲みすぎになってしまうのを反省しながらも22時半には(明日のチェンマイハイランドのためにも)消灯しよう!
 
前のページ 目次 次のページ
HOME

Last updated: 2009/10/26