DIARY

2007/12/06      芸術とチェンマイ大学周辺散歩
8時までぐっすりと寝てすっきり目覚める。
11時少し前に2人でニマンヘミンロードのソイ1で行われている【第8回NAP】を見学する。
これで自分は3回連続で見に来て、何かしら買い物して帰るのだが、今回これと言って欲しいものが無かった。
タイ舞踊も12時半からでまだまだ時間が有るので、そこを引き上げニマンヘミンプロムナードもついでに見学。
そこに日本人の弁当屋さん風のレストランがあると言っていたので、弁当を購入してチェンマイ大学。
美術館前のベンチで2人弁当を広げビールもセブンイレブンで買って周りの景色を見ながら食べる。
今までこんな事も無かったのでは無かろうか!
自然を目の当たりにしてチェンマイは多くのものがあると感じる。
そしていざ美術館へ。 日タイ修好120周年記念事業の一つとしてこの美術館で、(絵・絵手紙・写真・書道そしてドキュメント映像)2Fで見学人は少ないが今日は平日。
全ての物に圧倒されながら、ゆったりと見て回れた。
そして一人歩いてこのチェンマイ大学周辺を散策する事に。
広大に敷地の中に髪をカット の看板を見つけお願いするとOKで直ぐに切るかと思えば、3回も髪を洗いそれからカットに10分程終了 これで100バーツ。
家の近くでは切ってから髭もそってくれて1時間これで40バーツ。
所変わればで何ともいえないが、すっきりしてなお歩き続け、ワットスアンドークまで足を伸ばす。
古い建築と新しい真っ白な建物そして重厚な本堂。
日陰を探しながら1周してみると実に多彩な趣があって楽しかった。
帰ろうとすると同じお寺の敷地内にマッサージの看板が・・・
物珍しく見ているとタイ人のおじさんが懸命に説明してくれる。
1時間99バーツ これはバンコクに有るワットポーのマッサージ学校そっくりでは・・・
歩き疲れもあってお願いするとすぐさま眠ってしまい、時間後起こされ感謝しチェンマイ美術館へ歩きで7分。
理恵さんとそこで時間より早終えたそうで、16時過ぎには帰宅する。
今日一日中天気快晴で青空が見え、ドイステーブの山々がきれいに見えた。
家で夕食(魚の塩焼き・大根と肉の煮物・・・)美味しく食べて明日に備え、22時半には消灯しよう!!
 
 
前のページ 目次 次のページ
HOME

Last updated: 2009/10/26