DIARY

2007/10/27      第1回映画鑑賞
太陽の明かりで目が覚めるが、時間はまだ7時半前。
昨日遅かったが自然と目が覚め、コーヒーとパン 久々の我が家の朝食を食べ、会報の仕上げに励む。
9時45分今日から日タイ120周年記念行事の日本映画際が開催されるので、パヤップ大学:ゲーオ・ナラワットへ。
10時半開会なのに参加者は少ない。
ほぼ時間通りに@手塚治原作アニメの(ユニコ)が始まる。
500人収容ホールがなんと人数の少ないことか・・・
火の鳥の原形だろうか人に幸せを願う手塚ストーリー。
画面も美しく楽しく見れたのだがどうしてこんなに少ない参加者にちょっと残念。
午後も見るつもりで昼食場所を探しているとム・バーン引越しの際のパーティーの食材をFさんに案内されてきたところが見つかる。
もちろんかって帰ることも出来、その場で食べることも出来るので2人そこで食べることに。
私は(カーオカームー) 理恵さんは(クイッテアオムー)を頼む。
タイ人が多く食べていていろんな注文の仕方があるとは思うのだが・・・
そこへ日本人家族4人(映画館会場で見かけた)と同じテーブルで食べながら話をする。
食べて理恵さんは近くで行われている土曜マーケットへ 私は大学構内を散策。
子供たちが主人公になっての音楽会?
そのような所も見て再び戻るとAさん夫妻にばったり。
2本目の(仁太坊ー津軽三味線)を見に来たとのこと。
ところが変更になって(どんぐりの家)びっくりするが見ることにする。
障害者とその周りの家族が共同して(どんぐりの家)建設までの模様を描いていた。
このチェンマイに来てこのような映画を見れることに大いに感動する。
誰にも生きる権利はあるのは当然だが、障害者と言ふことで行動が制限されたり、白い目で見られたりが多い中、地域・仲間の輪を広げて暮らせる世の中作りに進んでいるのは頼もしい。
見終えて近くの喫茶店でAさん夫妻と4人で2時間半ほど今日の感想やら雑談して16時ごろに帰る。
しばし庭でゴルフ練習しながら庭の手入れ。
夕食後Aさんから借りているCD(世界遺産)を3本見て23時過ぎには消灯。
 
前のページ 目次 次のページ
HOME

Last updated: 2009/10/26