DIARY

2007/09/29      幸せを感じる時
7時ごろに目が覚めふと外を見ると路面が濡れている。
雨の後がぜんぜん聞こえないで眠っていたのだろう。
朝食後(広報のまとめ)と(サワディー会組合せを検討)する。
理恵さんの(90日申請)へ9時半家を出てイミグレーション到着するとほとんど人はいなくて直ぐに書き換えてくれた。
本当は来週の5日だが6日ほど次回が早くなってしまうがしょうがない。
初めての申請で緊張したのではなかろうか?
ビザを取得しても90日を越えて申請しないとタイの国を出るときに1日幾らかの罰金がかせれるのでこれも忘れてはいけない大事な事。
こちらに来たのもSさんの奥さんがトヨタに勤めていて車を買うことを考えている。
ちょうどタイミング良くYさんも同行で、一緒に話を聞くのに10時半待ち合わせていた。
20分ほど約束時間より早く着いて、店内を見て回る。
日本よりかなり高めで、ハイクラスの車等とても手が出ない!
1時間ほどそこにいて、今の車の査定やらいろんなクラスのを見て回る。
来月6日にガードスアンケオでトヨタ展示会があるそうで、今日の担当者とそこで落ち合う事にしてYさんを送ってから、途中(中国城)で2人昼食。
帰り木彫り用の木を2軒ほど見て回る。
家の近くで木彫り用の木を無料で切ってくれたばかりか、理恵さんが靴箱の追加の木もサービスして切ってくれた。
こんな付き合いがもっと増えたら良いのにと願う。
帰宅してしばらく休養してから、庭で前回腰を痛めた作業を再開する。
芝を切り取りそれを裏の雑草と入れ替え、切り取ったところの粘土l質の土を掘り返して畑に適した土を入れる。
たった30×50センチ程だが1時間半以上費やす。
深追いして腰をまた痛めるのもいやなのでそこで休憩。
日が沈みかけるのを待って、理恵さんの料理の包丁の音とCDから流れる音を聞きながら庭でアプローチの練習。
静かなムバーンで至福の時を感じてしまう。
多少スコアーが悪くてもこうして過ごせている事に大いに感謝しなければ・・・
いつも家で19時に夕食だが、暗くなるのが早くなってきて18時半には夕食。
昨日の店からあまったものを持ち帰り調理してくれたが、辛子がかなり利いていたがこれもおいしい!
1時間ほどタイ語の勉強をして、22時半消灯!
 
 
前のページ 目次 次のページ
HOME

Last updated: 2009/10/26