DIARY

2006/11/16      700年競技場
CLLのホールバイホールがあるが今日はT・Mさんと奥さんの4人で7時ごろに1番・2番を回る。
やはり課題はアプローチで、グリーン近くで3打・4打とうちすぎてしまっている。
家で練習はしているのだがどうしても打ち急いでいるのが分かる。
もう少しゆっくりと打たなくてはいけないとは心の中で思うが上手くゆかない!・・・
結果は55・50の105。
今日キャディーのMちゃんからオートバイを1週間借りて乗れるかどうか実験のつもりで練習する。
昼食をランナー食堂でして奥さんは車で帰り、一人シャワーしてオートバイで(ナコンピンコンドー)へ向かう。
いたって順調に運転するが心は緊張気味。
何とかたどり着いて、敷金2か月分の返還交渉するが、大家(オーナー)の電話番号を教えられそこへ電話してくれとゆうではないか。
まったく責任感・義務を果たしていないと思う。
始めの計算では交渉に1・2時間かかるのでは急いで駆けつけたが、これではどうしようもないのと時間をもてあましてしまう。
Mさんに電話して近くの喫茶店で一緒に世間話とかこつけてコーヒーを飲む。
タイ語学校へお金をATMで降ろして支払い、15時半から勉強を始める。
先ほどのオーナーの電話番号へ電話してもらうが、まだ部屋の状態を見ていないとゆう返事。
10日に見て返還金額を示してくれるはずではなかったのか?
いらだちながら来週には見に来るといっているのでそれを待っているしかない。
17時40分終了してオートバイ(モトサイ)で家まで帰るが、周りに気を使い到着すると疲れがどっと押し寄せる感じで参る。
初めての経験でこれが慣れれば大丈夫かと少し自信を持つ。
ナコンピンから我が家まで28分ほどで、車さほど変わらない。
18時半にFさん・チェーンちゃんと輪ぎゃで待ち合わせして「ジェットロイピー」のフードフェステバルへ向かう。
そこに17時半から席を確保しながら食事中のMさん夫妻を発見。
そこへ合流して食事を舞台のショーを見ながら食べる。
メインのショーは22時からだそうで残念ながら時間をそこまで使うには大変とばかりにF・奥さんと3人で21時過ぎたところで帰宅。
その前にMさんと日本語上手な友人は帰ったので、我ら3人もそれに習って帰ることにした次第。
人ごみも一段と時間の経過と共に増えてきている。
カラバオのバンドの人気が相当有るのだと時間して、それを残念ながら見ないで帰宅する。
明日もゴルフなのでぜひとも見たかったが、今年違う会場で少し見ているので自分に納得はしている。
それでも帰って一息つけば、23時になろうとしているではないか・・・
ホームページのアップして24時前には是非ともしょうとしよう!
 
 
前のページ 目次 次のページ
HOME

Last updated: 2009/10/27