DIARY

2005/11/20      ファイトンタオ湖でゆったりと!
日曜日で8時過ぎまで寝ている。
朝食後今までしていなかったタイ語の勉強を2時間ほどやって、タイ語辞書のダウンロードをするがこれまた上手くいかない。
何回もやっても上手くいかないこんなときはのんびりするに限るとムーイを誘って(ファイトン・タオ湖)へでも行くことにする。
友達が乗ってきていくところはランナから近くのワット(お寺)。
聞くとここで1時から4字まで勉強をするらしい。
若いのも少し年の人も集まってくる。
昔の日本の寺子屋とゆう感じなんだろうか?
30〜40人ほどで先生は多分大学の生徒でアルバイトなんだろうか!
こんな風に勉強をしてる風景は今後のタイは明るいのかもしれない。
ガイヤーンは無かったがのんびり時間を過ごせた。
Fさんから電話で今日Mさんも帰ってくるとのこと。
迎えに行くことで話が出来て、6時にエアーポートに向かうが駐車場があまりにも少ない。
あせっているがどうしようもなく、何とかスペースを見つけて割り込んで置いて、エアーポート出口に行くとFさんはもちろん、Kさん夫妻も出迎えに来ている。
6時25分が出てきたのは7時過ぎ。
2機合流で遅れたそうで、急いで荷物を積み込み(チェンマイコカ)での夕食になる。
総勢11人でタイスキを囲んで大いに飲み・食べて10時前に解散する。
あわただしい時間と止まったような時間が交錯した一日でした。
前のページ 目次 次のページ
HOME

Last updated: 2009/10/27