DIARY

2005/11/16      ローイカトーン見学
目覚しをかけたつもりが、セットが間違っていて気が付けば6時20分。
急いで用意して出かけるが、ガソリン量が少ないので途中で入れて昨日の道をたどる。
1時間はかからないだろうが7時ごろには着いていると言ったのにと反省しながら、スピードアップして何とか7時5分頃に到着。
(ランプーンゴルフ場)で誘われたMさん・F・Mさんに少し遅れて到着する。
こんな状態でスタートして良いスコアーは望めないし、ここはちょっと苦手としている。
やはりとゆうか当然とゆうかスコアーはさっぱり。
結果は49・54の103
まだフエアーウエーが完全に良くなっていない。
洪水の影響がまだ残っているみたいで、所々芝が茶色に変色していたり、ぬかるんでいたりしている。
もう少し時間がかかりそう。
ぱっとは前回より3パットは少ない。
Fさんと2人でゴルフ場の食堂で軽く食べて1時半頃に帰宅する。
奥さんは出かけていないので洗濯して一休み。
タイ語教室へ15:30に10回目出かける。
タイ語発音記号が出来なかったので先生に聞くが次回に持ち越しになってしまう。
今度の金曜日は奥さんが帰国なので休みにしてもらい、6時待ち合わせの1階ロビーへ。
Fさんペアーとわれ等の4人で(チェンマイコカ)で夕食を済ませて、ソンテウでターペーへ。
ミニパレード最終の方に間に合ってみながら行って、ナラワット橋手前の交差点で、Fさんが昨日買ってきた(コムローイ)を上げる。
周りでも上げていて、その中のひとつが木に引っかかり炎を上げている。
交友のを見ると危険(アンタラーイ)棚と感じる。
するとおまわりが近づいてくるのでやばいかなと内心不安になるが、コムローイの上げ方を指導してくれる。
昨年はそんな光景は見たことがなかったのでちょっとうれしくなる。
次はロイカトーン(灯篭流し)へビン川(ナラワット橋の右側で20バーツの灯篭を購入して流す。
もちろん祈りはここチェンマイが平和でわれ等日本人も平和で、そしてここに末永くすむことが出来るように・・・・・
人ごみはいっそう拡大しそうなのでターペー門の向かう途中で、ソンテウを拾い(ミスロイクラトーン)の風景を見ながら20時過ぎに帰る。
 
 
前のページ 目次 次のページ
HOME

Last updated: 2009/10/27