DIARY

2005/02/22      今回始めてのロイヤルチェンマイへ
5時には起きて話しをしながら、朝食とゴルフの準備をする。 人は見かけによらなくて、Oさんは毎日を1000以内に抑えるように毎日生活を目指してるとの事。 感心してしまう! 6時40分に私は、オーキットホテルへ行く。 運転手が待っててバックを載せて、3人そろい出発。 懐かしい風景と食堂の友達に挨拶。 朝露が心地良くとてもタイでゴルフをしてる感じがしない。 日本の5月初夏の朝霧の雰囲気だろうか! そう思ってても前半の終わりごろはかなり暑さを感じても、汗はひたたり落ちる事は無く、快適にラウンドできる。 夫妻は同じ白ティーから打ってるがそん色は無い。 いいコンデーションと空いててスコアーはよいと思うがダボで押さえきれなく打ってしまい、52 後半パーも取るがトリ・クインタブルと打ち結果は 52・50の102
悪いイメージは無いので気持ちよくプレーできた。 Kさんにお礼を言いながら少しクラブで食べ、(ファン・トウオン・タオ湖)を回って帰ることにする。 (クンテン) えびの踊り食い これがとてもおいしく2つ頼んだがもう一つ辛くないのを追加し、湖のほとりで時間を忘れてしまう。 3時過ぎには帰り支度をしてチェンマイ市内へ。 30分もかからず到着し、Kさん夫妻と今回のチェンマイ最後の夕食を8時に約束し、ホテルより歩いて帰り、事務所をふと除くと、奥さんの送った物がようやく着いていた。 それと同じ職場だったSさんからの(はがき)。 両方見て多いに感謝しています。 嬉しいものです。 ありがとう!!! 8時前に部屋を見ていただき、トクトク(Kom)で【カムインハウス】へ行きメニューとにらめっこして3人で夕食。 ウイスキー持込で料理を5品注文し、3時間ほど時間をかけてゆったり過ごす。 チェンマイの良い所・悪い所を宣伝し、出来れば一緒にこの町に住んでゴルフのお供をしたいと思う。 なかなかそう思う人に出会えないのが現実なんだが! 食べて帰ろうとしたらそこの人が送ると言い、ピックアップ乗用車を頼んでくれる。 多分息子なんだろうと想像するが解らない。 ホテル前で降ろしてもらい100を払うがこれで良いのか 疑問を抱えて部屋に11時近くに帰る。 今日は話を聞くだけの日になるが大変有意義だったと感じている。 明日もまた忙しい!!!
 
前のページ 目次 次のページ
HOME

Last updated: 2009/10/27