DIARY

2004/11/08      ふるさと 会津若松へ
6日(土) Yと東京駅で待ち合わせ東北新幹線に乗り、遅めの昼食・駅弁を食べながら田園風景を楽しむ。 妹に郡山まで迎えに来てもらい会津若松鶴ヶ城の見学する。 5時でもう日が暮れていたがライトアップが美しい。 高校時代お昼に弁当持参でよくここにさぼりに来たことを思い出す。 6時ごろ無事帰宅し大宴会の始まり。 妹のご主人と子供のYちゃん・Sちゃんも集まり昔話と今の生活をつまみに12時近くまで盛り上がる。 飲みすぎも心地良い。  7日(日) 妹の家でお茶を飲みSちゃんが働いている姿を見て、そこでお供えの花を買う。 母さんの実家のお墓で水を探していたら昔懐かしい汲み上げ式の手動ポンプがある。 (Yはとトトロの世界みたい)K家のお墓に手を合わせて祈る。 S・Kさんの家で顔合わせをしながら3時の電車で奥さんと子供は妹に送られて明日の仕事のため静岡・名古屋へ帰る。 私はここに今日は泊まる。 あいさつ回りに本家・分家の2軒回るが1時間もかかる。 あがってお茶を飲み会津の柿を食べ・お菓子を食べ話しが尽きない。 Sと近くの温泉へ。 会津も例外でなく温泉ブームなのかも? また今日も宴会が始まる。 途中M・K君 I・Sさんも加わる。 2日続けては少々ばて気味。  8日(月) 会津高田の神社により参拝してもう一度家へ。 ちょっと立ち寄るだけがまたも酒飲みになってしまう。 Sと奥さんのRさんを置いて妹にまたも郡山まで送ってもらう。 帰りの新幹線の中で故郷のありがたさをしみじみ感じながら、東京目黒に向かう。 最近10数年ご無沙汰していたので気にはなっていた親父の兄弟。 元気そうなのでこちらも一安心。 夕食を食べて8時の新幹線 ひかりに間に合う。 我が家には10時前に到着。 3日間の挨拶旅行も終わり12日に向けての準備に明日から取り掛かることが出来る。 会津のみなさんRさん本当にありがとう。   
前のページ 目次 次のページ
HOME

Last updated: 2009/10/27